本当の意味でQUALITYの高い家造りを

年間5棟が限界です

お客様一人一人に対して細かな対応をしていくためには年間5棟が限界です。

そして、私たちも一棟一棟思い入れを持って仕事をさせて頂きたいのです。

お客様の笑顔を見れた時、夢を形にできた時の満足感は、私たちにとっても幸せな時です。

だからこそ、細かな対応が必要なのです。

 

 

工事の丸投げはしません

ハウスメーカーでは地元の工務店に仕事を請け負わせるケースも多々あります。

窓口は大きくても、それをすべて施工する事は難しいという事です。

MUKUYAでは手が回らないと言って工事を丸投げする事はありません。

ただ、年間5棟しか請け負えないので打ち合わせの時間で調整を取らせて頂いています 

 

限られた職人さんしかお願いしません

よく街で「大工さん募集」等の看板を見ませんか?

家を実際に作っていく職人さんは、ハウスメーカーや工務店の社員ではなく、分離発注で仕事を請け負い、家造りに携わっているケースが圧倒的に多いのです。

街で見かける大工さん募集の看板は家造りに協力してくれる大工さんを募集しているという事です。

ただ、注意してそういう看板を見ていると比較的ローコストと言われるメーカーさんや工務店さんのお店の前についていませんか?

実際に家を作る職人さんは、きちんと元請けのやり方や考えを理解していないといけないと思いますが、下請けになる職人さんたちが入れ替わりが激しくてはそうはいきません。

MUKUYAでは仕事を依頼させて頂く職人さんをきちんと見極め、一定の基準に達している方にしか仕事の依頼はしません

責任が持てない仕事は出来ないからです。

 

DSC_0118.JPG DSC_0131.jpg DSC_0136.jpg DSC_0095.JPG
       
   

次世代仕様ではない建物の断熱材施工写真
  断熱材を継いでいる部分もしっかりとテープをはる仕事をしている写真です。

 

比較対象として・・・、全国区の大手ハウスメーカーで

次世代省エネルギーを標準仕様としている会社の施工写真です。

一番下の写真が気密シートですが、気密シートを張るから断熱材はいい加減で良いの?

と言いたくなってしまうほど・・・・・。  

 

だからこそ、出来る・・

年間工事数は最高5棟です。途中にリフォームや外講工事が入ると年間1棟になる事もあります。

仕事がたくさんあっても、他の工務店さんに丸投げするようなこともいたしません

そして、私たちに依頼してくださったお客様の夢を形にするために、信用できる限られた職人さんにしか仕事の依頼はしません

そして、プランにしても、予算の組み方にしても、使う設備や材料にしても、お客様にとって何が一番かを一生懸命共に考えながらご提案をさせていただきます。

私たちの都合や建材メーカーの都合でご提案をすることなど、決してありません

お客様のすぐ近くで、お客様の笑顔を見るために・・・・・

それが、質の高い家造りをする為の基本だと考えています。

 

 

(1) design (2) quality (3) price

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る