坪単価という表示方法には、全くルールがない事を知っていますか?

実はこの坪単価というのには、全くルールがないのです。

各住宅会社ごとに違った方法で計算して坪単価を出しています。
特にローコスト系の会社は、少しでも安く見せようと、
一般消費者の常識からはかけ離れた方法で計算しています。

実際に家を造るには坪30万円台では到底家造りはできません

でも、坪27.5万円なんて表示ができる坪単価のカラクリをご紹介させて頂きます。

住宅ローン。借りれる金額と返せる金額。

住宅ローンには借りれる金額と返せる金額に差がある事を知っていますか?

借りれる金額は・・・・

年収400万円未満の人は負担返済率30%まで、
年収400万円以上の人は負担返済率35%までとされています。

しかしながら、住宅ローンの返済を負担に思わず、貯蓄をしていける割合は負担返済率20%程度です。

 

知らないと損!不動産取得税

不動産取得税とは、土地・建物など不動産を取得した時にかかる県の税金です。

土地取得後からの新築年数や、住宅の面積だけで大きな税金の軽減措置がありますので、こちらも踏まえて住宅計画することをお勧めします。

また軽減措置を受けるには手続きをしないと戻ってきません。新築の際は忘れずに手続きをしましょう

__sozai__/0008486.jpg

 

住宅ローンの返済方法?

住宅ローンの返済方法は選択できる場合があります。

どのように返済するのが良いのか?誰がローンを組んで返していくのか?

金額だけでなくそんな事も検討していくことも必要です。

__sozai__/0008486.jpg

▲このページのトップに戻る