代表あいさつ

 _DSC8394.gif

考えてみてください。
いま、あなたが建てようと思っている家について。

 

その家は強い家ですか?
地震が来ても壊れない家ですか?

 

毎日快適に過ごせますか

 

その家のデザインは美しいですか
その間取りで本当に納得していますか

                周りの環境に合っていますか?


                            その家には、お金がいくらかかりますか?
                            その家は、その値段の価値がありますか

                           

                            子どもや孫が住んでくれる家ですか?
                            人に貸す価値がありますか?

                            50年後、その家はどうなっていると思いますか?
                            

                            私たちMUKUYAはお客様にも自分達にも、常にそう問いかけています。

 

 

どんな建物や街を「価値がある」と思うかと考えたときに、私は、ヨーロッパの古い街並みや、日本の古都である京都や金沢が思い浮かびます。自然の素材を使った家。古きよきものを大切にしている街並み。そういった街は、周囲の景観に家々が調和し、「価値がある」と思うのです。
私はそんな「価値ある家」が造りたいと思っています。そして、価値ある家を造り続けることで、価値ある街もできていくことでしょう。

しかし、ただ見た目が良く、20年や30年で壊れてしまう家は、本当に「価値のある家」とは言えないのではないでしょうか。

私が造りたい「価値ある家」とは、年月が経っても色あせず味わいを増して行く家です。

強くて、持続可能で、いつまでも快適で、年月が経ってもデザインに魅力がある。

子や孫の世代まで、安心して暮らすことのできる家。

 


そんな「価値ある家」を求めて、

真剣に家造りをしていきたい。そこに住む人の思いと未来を大切にしていきたい。

と強く思っています。

 

私たちがどのような事をやっているのか、是非実際に建てた建物を見て体感してみてください。

それが私たちが伝えたい事の全てです。

 

 

いい物を造りたい一心で「現場監督」もしています。

あなたの家の近くでMUKUYAが建築をしていたら、私が現場監督をしているかもしれません。

もし、見かけたら気軽にお声掛けください。そういう声が私の励みになります!

則慎作業風景.gif

▲このページのトップに戻る